2016年9月30日金曜日

右踵

空手:右踵が突っ張るので組手は控えめ
①肘受け→肘打ち→下段打ち
②形:技と技の間隔をあけて「腰の切り返し」と「腰の回転」を確認
③組手:腰を高くして練習